和み館

「和みの宿 おおかわ」の「和」には、たくさんの意味がございます。

  • ほっこりと「和」んでいただける、落ち着いた造りにしました。
  • 「和」にこだわって天然木を多用しました。
  • 「和」は「輪」に通じ、転じて「集う」という意味から大人数でもお入りいただける5名定員の客室にしました。
  • 「和」の色を床の間の壁面に誂え、その色をお部屋の名前にしました。

また遮音性を高めたことで耐震性も向上し、女性のお客さまがうれしいこしらえも行いました。

  • あんず

    床の間の壁面が「杏」という、黄色とオレンジの中間色を配色。
    暖かみのあるやさしい色で、客室全体が明るい雰囲気です。
    柳並木に面し、オットマン付きリラックスチェアーが好評です。

  • もえぎ

    床の間の壁面が「萌黄」という、若々しい緑色を配色。
    柳並木に面して日差しが入り込む、その名にふさわしい明るい客室です。

  • るり

    床の間の壁面が「瑠璃」という、紺碧の海の色。
    客室の形状から、最も大きな客室で5名さまがお入りになっても余裕があります。

  • しおん

    床の間の壁面が「紫苑」という、濃いむらさき色を配色。
    むらさき色は古来より最も高貴な色として扱われております。
    柳並木に面し、凜と締まった雰囲気があります。

  • あかね

    床の間の壁面が「茜」という、赤と紫の中間色を配色。
    アーチ状にくりぬいた飾り壁や、一段下がる縁側など個性豊かな客室です。

  • ご予約

    公式サイトから直接のご予約が、最安値でご宿泊できます。
    お気軽にお問い合わせください。

従来館

昭和の建物ゆえ古いですが、レトロな感じとともに和み館よりリーズナブルに利用できるとあって人気があります。

  • 松

    6畳一間ですが、縁側もあり、人気の客室です。

  • 竹

    6畳一間ですが、唯一、トイレが入り口ドアを出た処にあります。
    それゆえさらに割引をしてご利用いただいております。

  • 梅

    7.5畳一間ですが、奥行きのある間取りで、静かにお過ごしいただけます。